Entries

もう「えーんっ」しない!!

たまに行くショッピングセンターに、期間限定の子供電車が設置されました。
遊園地などでよく見かける3両くらいの電動列車で、いたるところに動物のデザインが施されています。

ショッピングセンターでお買い物をして、そのレシートをインフォメーションに持っていくと、電車のチケットを無料でもらえるのです。

半月ほど前に買い物に行ったとき、娘にせがまれて1人で電車に乗せました。
電車の座席まで楽しそうに1人で行って、いざ出発!

ところが、この電車はかなーり古くて動きがかなりぎこちなく、がったん、ぎぎぎーという大きな音を立て、ついでに雑音交じりの効果音が大音量で鳴り始めたので、怖がりな娘は一気にパニック!
走り出したとたんに「もう終わりーっ!!」と絶叫しながら泣き出しました。

日本語で「終わり」って言われても、止まるはずはありません。
それにうちの娘以外はみんな楽しそうだし。
ご親切に10周くらいしてくれちゃって、その間中、娘は力の限りに泣き叫んでました・・・やれやれ。

と、そんなことがあったので、つい先日同じ場所に買い物に行った帰り、いちおう「電車はもうやらなくていい?」って聞いてみました。

すると、

「やるやる!」という返事。

怖くて泣いたのを忘れたのかと思って、

「じゃあ、パパと一緒に乗ったら?」

と提案してしてみたところ、

「1人で乗るの!!えーんってしないから。」と真顔。

おそらく前回のリベンジがしたいんだな、と気づいたので、

「じゃ、1人で乗ってね。パパとママは手を振ってあげるからね」

と、1人で乗せることにしました。

順番が来ると、すごい真顔で一人で乗車し、口をぎゅっと結んだまま、私たちに手を振りました。

か、かなり我慢してる・・・

「いってらっしゃーい!!」と明るく見送って出発ー!!

私たちの前を通り過ぎるとき、娘が

「えーんって してないよーーーーーっ!」

と絶叫。(以降毎回絶叫)

そして娘の遠ざかる様子を見ると、また怖い顔にもどって電車にがっしりしがみついてます。

そんなに怖いんだったら、やめればいいのに・・・・と思うんですが、
意地っ張りで完ぺき主義な性格がそうさせているようです。

コレヒオの先生からも、彼女の問題は失敗が許せないところ、って言われているので、
今後はこの部分で色々と向き合っていかなければならない事があるでしょう。

とりあえず今回の電車の件は、本人が自分で克服して大満足してました。

悩ましい夏休み・・・

スペインの多くの学校は、6月中旬から9月中旬までの約3ヶ月間が夏休みです。
そして娘のコレヒオは他の多くの学校と同様、6月と9月は授業も午前中のみになってしまうので、この4ヶ月間は夏休みモードなわけです。長いー。

そこで悩むのが共働きの両親・・・。
我が家も核家族だし、近くに子供の面倒をみてくれるような家族や親戚もいないので、どうやってこの約4ヶ月間を過ごすか、頭を痛めているところです。

まず、6月と9月の午前中授業のあとは、父兄が運営する放課後教室に申し込むことにしました。
これが各月54ユーロずつ。

そして7月は1ヶ月間、同じく父兄が運営する夏期教室があるので、9時から4時まで預かってもらうことにしました。
これは、午前教室が217ユーロ、給食が110ユーロ、午後教室が37ユーロで、合計364ユーロ。

最後に8月。これは、どこの学童教室も、ほとんどが夏休みになってしまいます。
うちの近所では、かろうじて第1週目と第4週目の2週間だけ預かってくれる私立の学童教室があるので、そちらにお願いしようかと考えています。
そこは1ヶ月の預かりが295ユーロなのですが、2週間だけなので多少の割引ありとの事。
それでも恐らく半額にはならないと思うので、200ユーロくらいかしら・・・?

とまあ、色々手をつくせばなんとかはなるのですが、その分お金もかかります。
普段は公立コレヒオに通っていて授業料無料だし、保育園児などのように毎月出費があるわけじゃないから、これも仕方ないと思うしかないんですがね・・・。

あとは6月と8月の誰も預かってくれない夏休み期間をどうやって過ごすか・・・ほんと悩みます(涙)。

母の日

hahanohi1


昨日はスペインの母の日でした。
こちらでは、特に決まった祝い方はないそうなのですが、皆、電話をかけてあげたり、食事を一緒にしたり、簡単なプレゼントを用意したり・・・と、何かしらアクションはするみたいです。

我が娘も、コレヒオで何やら作ってくれたようです。
赤い透明セロファン紙でラッピングされた、小さな包み・・・。

hahanohi2

カードと、紙粘土細工のペンダントが入っていました。
写真では見えにくいのですが、カードにはえんぴつで「MAMA TE QUIERO 本人の名前」が直筆で書いてありました。
「ママ 愛してるよ」という意味です。

きっと、先生が指導してくれたとおりに、意味もよく分からず書いたんだとは思いますが、初めての直筆手紙なので感動!
と同時に、「お手紙書けるくらいに成長したのねー・・・。」と感慨深くなりました。

今はメールが普及していて、何かとそれに頼ってしまいがちですが、やっぱり手紙っていいですね。

将来の夢

今日、娘と買い物に行く途中、鉄屑をたくさん乗せたトラックに出会いました。

娘  ママ、あれは何ていうの?

母  あれは、トラックっていうんだよ。


・・・ってか、トラックのおもちゃ持ってるじゃん。名前知らなかったの?

娘  ふうーん、トラックって言うのかあ・・・。トラックは何してるの?

母  重ーいものを、遠くに運んでくれるんだよー。手で持ったら重いでしょ?だから、トラックが「ぼくが持っていってあげるよ!」ってお仕事してくれるんだよ。

娘  そっかあ。

そう言ってから、妙に神妙な面持ちになって、

娘  天ちゃんねえ、大きくなったらトラックに乗ってお仕事するんだあ。

(ワイルドねえ)

娘  おねえさんトラックだよ。ピンクの!・・・・ふふふ、かわいいー。

(ピンク・・・そりゃすごいや。)

娘  おねえさんトラックのねえ、お友達はあ、黄色と白と青のトラック!

(よかった、お友達はわりとノーマルだね。)

そういや今まで、将来の夢についてここまで具体的に聞いたことがなかったので、これが始めて語った将来の夢。
この先、どういう風に変わるのかな。

コレヒオの火祭り2009

スペインの3大祭りのひとつである、バレンシアの火祭りが始まりました。
コレヒオも、その期間は1週間お休みになります。
授業最終日の今日は、子供たちが作ったファジャス(張子の飾り)でお祭りをしました。

colenofallas091
これが全校生徒が作った張子の飾りファジャス。
校庭の真ん中にどーんと置かれていました。

colenofallas092
娘のクラスが参加したファジャス。
実物大くらいのねずみがいっぱい!
授業中にみんなで一生懸命作った力作です。

colenofallas093
風船のマスクレタ(本来は爆竹を大量に鳴らす火祭り恒例行事)。
たくさんの風船を、高学年のこどもたちが一斉に針で割りました。
パパパパーン!と楽しそう。(私もやりたーい)

そして最後は

colenofallas094
みんなの力作ファジャスを、爆竹と炎が包み込みました・・・。

うちの娘は、これを見たとたん「ねずみが・・・」と言って大泣き。
慰めようと思い、上空に飛んでいく火の粉を指差して、
「ほら、ねずみさんたちが小さくなってお空に飛んでいっているよ。手を振ろうよ!またね、って言おうよ!」と盛り上げ、娘も泣き止んで手を振り始めたのですが、
うちの夫が
「悲しいものは悲しいでいいんじゃないの?ねー、やだよねえ。燃えちゃって!せっかく作ったのにねえ」と言い出した。
そこで娘はまたもや涙!
私もすかさず、「でもねずみさんはお空を楽しそうに飛んでるよ!小さくなって可愛くなったねー」と、再度盛り上げたのに、夫がまたもや
「やだねー、やだねー」
と、私VS夫バトル・・・。

無意味なバトルをしている間に、娘は気力回復。
元気に英語教室へ行ったのでした。



Appendix

Twitter

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Extra

プロフィール

KIKA

Author:KIKA
2005年生まれの娘と東京からスペインに移住して、日本語、スペイン語、バレンシア語、(英語)に挑戦。のんびり楽しく、でも確実に、を目標にがんばっています。

MESSAGE

ブログランキング参加中!クリック応援お願いします↓↓↓
FC2 Blog Ranking

最近の記事

FC2カウンター

お気に入り