Entries

悩ましい夏休み・・・

スペインの多くの学校は、6月中旬から9月中旬までの約3ヶ月間が夏休みです。
そして娘のコレヒオは他の多くの学校と同様、6月と9月は授業も午前中のみになってしまうので、この4ヶ月間は夏休みモードなわけです。長いー。

そこで悩むのが共働きの両親・・・。
我が家も核家族だし、近くに子供の面倒をみてくれるような家族や親戚もいないので、どうやってこの約4ヶ月間を過ごすか、頭を痛めているところです。

まず、6月と9月の午前中授業のあとは、父兄が運営する放課後教室に申し込むことにしました。
これが各月54ユーロずつ。

そして7月は1ヶ月間、同じく父兄が運営する夏期教室があるので、9時から4時まで預かってもらうことにしました。
これは、午前教室が217ユーロ、給食が110ユーロ、午後教室が37ユーロで、合計364ユーロ。

最後に8月。これは、どこの学童教室も、ほとんどが夏休みになってしまいます。
うちの近所では、かろうじて第1週目と第4週目の2週間だけ預かってくれる私立の学童教室があるので、そちらにお願いしようかと考えています。
そこは1ヶ月の預かりが295ユーロなのですが、2週間だけなので多少の割引ありとの事。
それでも恐らく半額にはならないと思うので、200ユーロくらいかしら・・・?

とまあ、色々手をつくせばなんとかはなるのですが、その分お金もかかります。
普段は公立コレヒオに通っていて授業料無料だし、保育園児などのように毎月出費があるわけじゃないから、これも仕方ないと思うしかないんですがね・・・。

あとは6月と8月の誰も預かってくれない夏休み期間をどうやって過ごすか・・・ほんと悩みます(涙)。

スポンサーサイト

2件のコメント

[C57]

私が近所に住んでいたら少しは預かることができるのに・・・。コレヒオの休みの多さを考えると、やっぱり私が働くことは無理だなーと思ってしまいます。ルドテカもつぶれちゃったし、この田舎町ではベビーシッターを雇う以外に方法がないんですよね。少子化を心配する政府には、出産した時に2500ユーロ支給するよりも、子供がいても安心して働けるシステムを作ってほしいものですよね。
  • 2009-05-31
  • 投稿者 : KEIKO
  • URL
  • 編集

[C58]

>KEIKOさんへ
ほんとに休み多いです・・・。親の都合ばかり優先するのもよくは無いんですが、3~4歳児ともなると、もうグループ意識が出てきて仲良しと遊びたがるので、クラスのお友達と一緒に過ごせる時間が長いほうが、子供にとっても良いと思うのですがねえ。
日本でも痛感しましたが、女性の育児と仕事の両立っていうのは、本当に難しいです(涙)。
  • 2009-06-01
  • 投稿者 : KIKA
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://3samurais.blog82.fc2.com/tb.php/60-cdc6baec
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Twitter

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Extra

プロフィール

KIKA

Author:KIKA
2005年生まれの娘と東京からスペインに移住して、日本語、スペイン語、バレンシア語、(英語)に挑戦。のんびり楽しく、でも確実に、を目標にがんばっています。

MESSAGE

ブログランキング参加中!クリック応援お願いします↓↓↓
FC2 Blog Ranking

最近の記事

FC2カウンター

お気に入り