FC2ブログ

Entries

学級崩壊

バレンシア語の先生が産休をとり、代わりに来た先生と生徒たちの間で、大きな問題が起こっています。

代わりに来た先生は50代くらいで、教員資格はあるものの、今まで教員として働いた経験はあまりない様子。
しかも、周囲の意見や生徒の意見を聞かず、強引に自分の意見を押し通そうとするようで、まずはその態度のせいで生徒たちがストレスを抱えました。

その後、教科書を使わずいい加減な授業をやったり、テストの時間に教室に現れなかったり、テストの採点が滅茶苦茶で正解が不正解になっているなどのミスが大量に見つかったり、生徒からの質問に嘘をついたり、生徒の態度が悪いという理由で、休み時間に生徒たちを教室に閉じ込めて出られなくしたりと、毎日のように問題が起こり、生徒たちも我慢の限界に達してしまいました。

生徒からの苦情を受けて、校長先生がこの先生の授業には別の先生をもう一人監督としてつけてくれたのですが、日を追うごとに代わりの先生と生徒たちの関係は悪化し、言い合いになったり、先生の話をまったく聞かなくなったりと、授業はまったく進まず、誰も手をつけられない状態に陥ってしまいました。

親たちもそれぞれ頭を悩ませていたのですが、校長先生からの提案で、父兄が正式な文書による嘆願書を出し、県の教育監督者に現状を見てもらい、判断をしてもらうことになりました。

娘の中学校は多くの小さな村の子供たちが集まってきているので、それぞれの父兄に説明して嘆願書に署名してもらうのはひと苦労かと思ったのですが、SNSやメールなどを駆使して、2日で提出できました。
もちろん中心になって動いてくれた父兄が何人かと、先生たちの協力もあったのですが、あまりに早かったのでビックリ。
どの親もこの問題をかなり重くみているということですね。

とりあえず、一歩前進した感があります。

なぜこんな事態になったのか、その原因の一つは、人事のシステムにあると思います。
今回のように、代教の先生を配置する場合、就職希望者リストの中で上位にランキングされている人から採用されるようなのですが、そもそも そのリストは現在収入がない人を優先するようで、経験などは二の次のようです。
問題の先生は今まで旦那さんの収入で長年生活していて、旦那さんが亡くなられたあとは、旦那さんの遺族手当のようなものを支給されていたそうで、教員としての経験はほぼ無いに等しいようです。
おそらく収入面から、リストの上位にランクしていたとのこと。
収入でランク付けするにしても、採用にあたり、教員としての能力を十分に検討しないというのはいかがなものか、、、

こんないい加減な人事なのに「別の先生に変えて欲しい」と要望を出しても、それはなかなか通らない事が多いようで、今回もこの先どのような展開になるのかは予測がつきません。

ただ、この事態をこれ以上悪化させるのは子供たちにも良くはないので、それぞれの親が子供と話し合い、その先生を刺激するような態度は極力避け、学校側の対応に応じるように説得させることになりました。
何人かの親からは、「うちの子は心から納得しなければ態度を変えないと思う。」という話もあり、それも一理あるとは思いましたが、とりあえずうちの娘には、事情を理解してもらいました。

さて、どうなることでしょう。


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Extra

プロフィール

KIKA

Author:KIKA
2005年生まれの娘と東京からスペインに移住して、日本語、スペイン語、バレンシア語、(英語)に挑戦。のんびり楽しく、でも確実に、を目標にがんばっています。

MESSAGE

ブログランキング参加中!クリック応援お願いします↓↓↓
FC2 Blog Ranking

最近の記事

FC2カウンター

お気に入り