FC2ブログ

Entries

日本語能力試験N2

娘が今年の1月から準備してきた日本語能力検定試験をバルセロナで受験してきました。
私たちの住むバレンシアでは試験がないので、マドリッドかバルセロナに行かなければならないのですが、娘の希望でバルセロナを選びました。
レベルは5段階のうち上から2番目のN2で、これに合格すると高校受験が可能なレベルらしいです。

試験当日は朝9時に受付が始まるため、前日からバルセロナ入りしました。
ところが、この週末は利用する電車が区間工事のために一部の主要駅で運休があり、前日に行ったにもかかわらず地下鉄と電車を何回も乗り継いでやっとホテルにたどり着く、という状況でした。

もともと試験がメインだったので、午前中にバレンシアからバルセロナに移動、バルセロナでゆっくり昼食を食べて、今回唯一の観光、サグラダファミリア見学をしたら、まっすぐホテルに向かってリラックスする、というプランだったのですが、それでも結構時間に追われながら予定をこなし、ホテルには予定よりちょっと遅い20時半ごろの到着となりました。
前日の娘は始終リラックスしていて、あまり緊張感もなく、こちらが心配になるくらい普段通りでした(笑)

そして夜はグッスリたっぷり睡眠をとり、朝は機嫌よく起きて、ホテルのビュッフェで朝食をしっかり食べていざ試験会場へ。
会場には付き添いは一切入場できないので、夫と私は試験が終わるまで外で待つことになりました。

会場に来ていたのはほとんどが大学生くらいの年齢の受験生で、娘くらいの年齢の子は2人くらいしか見かけず、娘も最初はちょっと不安そうでしたが、すぐに開き直って一人で会場に入っていきました。
N2の試験は途中の休憩も含め約3時間半、その後アンケート記入などがあって約4時間ほどかかり、やっと午後2時ごろ試験会場から出てきました。

早速試験の状況を聞いてみたら、問題は31ページの小冊子状のものを渡され、制限時間までにそれを終わらせるというもので、内容的には語彙、文法、読解で105分、その後30分ほどの休憩のあと、聴解が50分でした。

問題は回収されてしまうので、試験後、覚えている限りで不安なところを答え合わせしたところ、語彙で2問ほど不正解、あとは自信があるとの事だったので、まあ、なんとかなるかな、、、?(結果は2か月後)という感じです。

そしてもし、今回の試験をパスしてもしなくても、今後の学習課題がハッキリしました。
娘の試験の感想で、試験の出題スタイルは、一年間使用した問題集とほぼ同じであったにもかかわらず、出題された語彙は問題集では一切学ばなかったものばかりだったとのこと。
今回の試験で娘のウィークポイントは語彙力だと判明したので、今後は日本語での読書や読解問題で分からない言葉を徹底的に辞書で調べて覚えることと、娘のレベルに必要な語彙の学習書を見つけて、確実に学習していくことが必須であると確認できました。
これが今回の受験の一番大きな成果だったのではないかと思います。

今後も焦らず、楽しく、確実に日本語を学習できる環境を与えられるよう、工夫していこうと思います。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

Twitter

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Extra

プロフィール

KIKA

Author:KIKA
2005年生まれの娘と東京からスペインに移住して、日本語、スペイン語、バレンシア語、(英語)に挑戦。のんびり楽しく、でも確実に、を目標にがんばっています。

MESSAGE

ブログランキング参加中!クリック応援お願いします↓↓↓
FC2 Blog Ranking

最近の記事

FC2カウンター

お気に入り