FC2ブログ

Entries

他校との交流会

娘の中学校で、バレンシア語の先生が企画した他校との交流会がありました。
これは単に他校の生徒と交流するというものではなく、半年以上前から各々の生徒がとある他校の生徒と個人的な文通を体験し、その後実際に会うという企画でした。
娘の文通相手は利発そうな女の子で、何度かの文通でお互いの趣味や興味の話などを交換し、今日の交流会を楽しみにしていました。

今日は他校の生徒さんたちがうちの村にやってきて、村の生徒たちが学校や村を案内するという予定になっていました。
帰宅した娘に感想を聞いたところ、文通していた女の子は思っていた以上に華やかな子で自分の仲良しグループでかたまっていて交流する気がない様子だったそうで、残念ながらあまり話はできなかったとの事。
そのかわり、他の女の子たちと意気投合して、連絡先などを交換して今後仲良くできそうだと喜んでいました。

その他全体的な様子を聞いてみたところ、いわゆるカッコイイ系の子たちは、交流するどころか対立の姿勢でお互い牽制していたそうで、本来の目的からはだいぶ外れてしまったようです。
まあ、そういう年頃なので仕方ないかとは思います。

また、今回交流した他校はバレンシア郊外にあるとはいえ、うちの村よりははるかに規模が大きく都会的な生活をしている場所なので、子供たちもだいぶ洗練されていてビックリしたようです。
特に女の子たちの違いは顕著で、目立つ子たちは、フルメイクで髪や服装もモデルのようだったとのこと。

村の子供たちは少なからず色んな刺激を受けたようで、娘曰く「みんな大人っぽくて同い年とは思えなかった。」だそう。
いつも小さくのんびりした環境にいるので、たまにはこういう刺激を受けるのも良いかも知れませんね。



スポンサーサイト

初のコンクール参加

去年の今頃、近くの大きな街が主宰する作文コンクールがあり、仲良しのクラスメートが見事1位になりました。
娘はその時、「私は作文とか、そんなに得意じゃないし、興味ない。」と言って参加しなかったのですが、仲良しの子が受賞したのが刺激になったらしく、今年は「参加する。」と自分から言い出しました。

理由を聞くと、「参加するだけで、学期末の成績に1段階加算してもらえるから。」とのこと。
この中学では成績は10段階評価なので、例えば本来の成績が6だったら7にしてもらえるという事のようです。

先生に参加の意思表明をして、締切日までに作品を仕上げることになったのですが、、、
娘は何事も要領が悪いので、心配していたとおり、締切日の間際になっても「アイデアが浮かばなくて途中までしか書けない。もう来年用にしちゃおうかな、、、。」と弱音を吐いていました。
せっかくの機会なので、なんとか自分で奮起してもらおうと思い、「今できない事は、来年なんて言っていても、来年もできないと思うなー。これは自分との闘いだからね。自分に負けちゃうってことだよね。」とチクリと言って、あとは放っておきました。

それでも締め切り直前までほとんど手付かずのままでいる様子でしたが、締め切り前日になって、急に「今ね、書いてるんだ!」とエンジンがかかりました。
が、夜になっても終わる様子はなく、結局朝の4時までかかって仕上げて、次の日はボーっとしたまま登校しました。

本人には、「もっと早くから計画的にやらないとね。」などと言いましたが、自分でやり遂げたのは本当に良い経験になったのではないかと思います。
たとえコンクールで結果を残せなくても、もう充分色んな事を学んだようです。


Appendix

Twitter

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Extra

プロフィール

KIKA

Author:KIKA
2005年生まれの娘と東京からスペインに移住して、日本語、スペイン語、バレンシア語、(英語)に挑戦。のんびり楽しく、でも確実に、を目標にがんばっています。

MESSAGE

ブログランキング参加中!クリック応援お願いします↓↓↓
FC2 Blog Ranking

最近の記事

FC2カウンター

お気に入り