Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんとうの読解力

秋からはじめた日本語の5分間ドリルは、その後、現地小学校の宿題を優先するために、週に1、2回のペースですすめています。

それでも、こくごの文章の音読などは、少しずつ成果があがっていて、簡単な絵日記程度の文章であれば、つっかえずに読める程度にはなりました。

そしてドリル自体も、もともとが簡単であるという事もあり、答えにほとんど間違えはなくなってきました。

しかしながら、今日は驚いた発見がありました。

いつものように、こくごのドリルを一枚やらせたのですが・・・。

いつも通り簡単な問題文を読み、3つの質問に答える形式で、文章の音読はすらすらこなし、3問とも正解でした。

ところが、ドリルの採点が終わったとき、娘が真顔で私に言いました。

「ママ、このお話は、何が書いてあるの?」

私は耳を疑いました。

読んで答えも合っているのに、文章をまったく理解してないのです!!

いったい何が起こっているのか分からなかったので、とりあえず、私がその文章を読み聞かせました。

一文ずつ読んでは、「これはどうしてか分かる?」と聞きながら内容を確認し、分からないところは詳しく説明しながら読み進めました。

その結果、うちの娘は動詞の意味が分かっていませんでした。

今日のドリルの内容には、「いぬが にくを くわえました。」「いぬが かわを のぞきました。」という文章があり、その「くわえる」「のぞく」がどんな状態なのか、理解していませんでした。

そのせいで、「いぬの にくは どんなにくですか?→おおきい にく」「いぬは どこに いきましたか?→かわ」などのドリルの問題には答えられても、文章全体の流れはまるで分かっていなかったのです。

我が家でドリルをやらせているのは、テストで100点をとるためではなく、文章を理解するためなのですから、今までもこんな状態だったのかと思ったら、ちょっと焦りました。

これからは、本人にドリルを渡して一人でやらせるのではなく、一緒に読んで、内容を確認しながらやるように気をつけることにしようと考えています。


スポンサーサイト

Appendix

Twitter

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Extra

プロフィール

KIKA

Author:KIKA
2005年生まれの娘と東京からスペインに移住して、日本語、スペイン語、バレンシア語、(英語)に挑戦。のんびり楽しく、でも確実に、を目標にがんばっています。

MESSAGE

ブログランキング参加中!クリック応援お願いします↓↓↓
FC2 Blog Ranking

最近の記事

FC2カウンター

お気に入り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。