Entries

卒園式

昨日は娘の卒園式でした。
朝9時~午後1時までは通常授業をして一旦家に戻り、夕方5時からまた集合して卒園式が行われました。

sotsuen1

集合時の写真。
上は白、下はデニムという指定があったので、みんなその格好で集合。

子ども達は教室へ、大人は指定された会場の席につきました。

会場では、アップテンポなロックンロールがかかり、子ども達が両端から1人ずつ踊りながら登場!
かなりノリノリでした!
sotsuen2

全員が揃ったところで、代表の生徒達がスピーチ。
うちの娘も一部を読み上げました。
sotsuen3

そして卒園証書授与。
sotsuen4
ひとりずつ先生にキスをして、証書をもらいました。

073_convert_20110625180552.jpg

そのあと、子ども達のダンス披露があって、卒園式は終了。
そしてサプライズが待っているという教室へ移動しました。

教室内は、みんなが作った工作や絵、学習帳などがあらゆるところに飾られていて、父兄は自分の子どものものを捜しては袋に入れていく、という宝探しゲームをしました。

sotsuen5
この絵は娘が描いた我が家族。ちゃんとムーミ(モルモット)もいます(笑)。

いつもなんですが、なぜか私が家族で一番大きい・・・・。
「存在感じゃない?」って言ってくれる人もいますが、たぶん、力関係じゃないかと・・・(汗)。

このあと、幼稚園3年間の記録フィルム上映会をやって、お開きとなりました。
記録フィルムはDVDに収録してもらいました。

3歳からの記録なので、どの子も赤ちゃんから子どもへの大きな成長を感じてとても感慨深く、ジーンときました。

このあと、午後9時から校庭で持ち寄り夕食会をやりました。
幼稚園部卒業生家族と、小学部卒業生家族、職員などが多数集まって大宴会。

sotsuen6

日付が変るころ、我が家は先に失礼しましたが、その後もまだまだ続いていました・・・。
盛りだくさんの一日でしたが、娘は楽しい思い出になったようで何よりです。

スポンサーサイト

お別れ会

娘はこの6月でコレヒオの幼稚園部を卒園しました。
9月からは、日本より半年早く小学校へ入学します。

この節目を考慮して他の小学校へ転校する子も多く、娘のクラスでは24人中、10人が別の小学校へ入学する予定です。
この移動人数は他の小学校に比べると特に多いようです。

娘のコレヒオは普通の公立ですが、すぐ近くにバレンシアでも指折りの人気半公立コレヒオがあり、そこは小学生からの受け入れなので、そのコレヒオを狙っている子ども達が娘のクラスにもたくさんいました。

実際には条件によって希望者の一部が入学できる仕組みなのですが、娘のクラスメートのうち、6人くらいが合格したようです。

そして、私達もこの機会に小さな村へ引越をすることにしたので、娘もクラスメートとお別れすることになりました。

先日、お別れするクラスメートのお宅で、お別れ会をしました。
このお宅はバレンシア郊外の一軒屋で、プール付の典型的な別荘タイプ。
一階には暖炉のある大きなサロンがあり、2階にはサロン、食堂、各自のお部屋があり、とてもゆったりした大きなお宅でした。

owakarekai1
子ども達は着くなり着替えて、プールでおおはしゃぎ。

大人は、持ち寄ったおつまみを食べながらおしゃべり。

owakarekai2
そのあと、家主がパエリアを作ってくれて、みんなでいただきました。

owakarekai3


owakarekai4
担任の先生も参加してくれて、子ども達は午前中から夕方まで、プールと家の中を行ったり来たりしながら遊んでいました。

仲良しさん達と離れてしまうのは残念ですが、これからも時々集まれるといいな、と思います。

自然と人間の関係

娘が最近、環境汚染をなげいたり、動物や魚を食べることに抵抗を示したりするようになりました。
コレヒオや本などで様々な知識を得て、それを自分なりに解釈しようとしているんだと思います。

「なんで道路にゴミがいっぱいなの?」
「汚いお水の中で、鳥が悲しい顔してた。可哀そう・・・」

「牧場はきらい。だって動物を食べるために殺すでしょう?」

いつもこんな感じで話し始めます。

夫や私には「なぜ?どうして?」という形で、これらの気持ちをぶつけてくるので、その都度、こちらも考えながら、なるべく丁寧に説明するようにしています。

環境汚染については、「自然を汚しているのは私達なんだよ。どうしたらいいと思う?」と考えるように促し、動物や魚を食べることについては「私達も食べることが必要。その命をもらって私達は生きている。動物も、魚も植物も、みんな私達に大切な命を分けてくれている。そして私達が死んだとき、動物や魚や植物に必要な栄養になる。」と、生態系や命の尊さを意識して説明するよう、こころがけています。

娘が大きくなるにつれて、こちらもきちんと対応のできる大人にならなければいけないんだな、と少々焦りを感じながら、日々の娘の質問に答えています。

Appendix

Twitter

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Extra

プロフィール

KIKA

Author:KIKA
2005年生まれの娘と東京からスペインに移住して、日本語、スペイン語、バレンシア語、(英語)に挑戦。のんびり楽しく、でも確実に、を目標にがんばっています。

MESSAGE

ブログランキング参加中!クリック応援お願いします↓↓↓
FC2 Blog Ranking

最近の記事

FC2カウンター

お気に入り