Entries

5歳の誕生日プレゼント

娘の5歳の誕生日に間に合わせようと作り始めた、ダンボール製のドールハウス。
誕生日はとっくに過ぎちゃったのですが、まだ工事中・・・。

とりあえず中間報告することにしました。

dollhouse1
これが外観。
パソコンの大きな箱をベースに、古いシーツの布で覆って、屋根をダンボールでかわら状にしてみました。
手前の緑色の部分は庭にする予定・・・。

dollhouse2
開くとこんな感じ。
左上がベッドルーム、右上が浴室、左下がダイニングキッチン、右下がリビングになる予定。
家具類もダンボールや布、発泡スチロールなどを組み合わせて手作りしたり、家にあるものを利用したり。

dollhouse3
ベッドはダンボールで作り、布団はタオルハンカチを利用。

dollhouse4
浴槽はタッパーにアクリル絵の具で彩色。おトイレは粘土で製作。洗面台はアロマオイルポットを利用。
バスマットは頂きもののアクリルたわし。

dollhouse5
ソファは発泡スチロールに布を貼ったもの。ラグマットは市販の花瓶用敷物。
先日雑貨やさんで見つけた電飾ツリーも置いてみました。

dollhouse6
キッチンはダンボール製。これからダイニングテーブルを作る予定。

あくまで、子どもが遊びやすいようにシンプルにしたいとは思っているのですが、まだまだ全体的に寂しい感じですね・・・。
これから、ダイニングテーブルとイス、暖炉、壁の装飾などをしつつ、クリスマスっぽくディスプレイしたいなあーなんて考えてますが・・・間に合うのかなあ・・・・。

スポンサーサイト

新学期を迎えるにあたって

今年の9月で、娘はコレヒオ幼児部の3年目を迎えました。
日本で言うところの年長組です。

1年目、2年目はそれぞれ独立した一軒家のような教室でしたが、今年度からは小学生と一緒の大きな校舎に移り、娘を含むほぼ全員のクラスメートたちは「私はもう大きいから、大きな校舎なんだ」という可愛い自信を持って通うようになりました。

うちの娘の3年目は、本人にとって少し厳しい環境でスタートしています。

1年目と2年目は夫や私の仕事の都合もあって、9時に登校したらお昼は給食、夕方4時半まで通しでコレヒオで過ごしていましたが、今年は給食を木曜と金曜だけにして、月、火、水は家で昼食をとるようにしました。

理由は二つ。

まずは、好き嫌いが多く給食だと嫌いなものを残して食べない。

それから、9時~4時半まで通しでコレヒオにいると、日本語を忘れてしまう。

これは我が家にとって、とても大きな問題。
そう考えて、給食を全て止めようと思いました。

しかしながら、今までずっと給食で慣れていた娘が、「なんでもう給食じゃないの?」と反発したため、娘に理解しやすい理由を伝えて納得させた上で、週2日は給食にしました。

その理由と対策は、

パパとママが家族全員で昼食を食べたいから。

給食で嫌いなものを残している事を知ったので、月、火、水におうちできちんと食べたら、木曜と金曜は給食に行っても良いことにする。

というもの。

娘なりに納得した様子で、今のところ月、火、水は頑張って嫌いなものにも挑戦しています。

この方法にして、結果的には家で食べる和食と給食で食べるスペイン料理の両方を味わえる事になったので、しばらくはこの方法でやってみようと思います。

5歳のお誕生日会

振り返れば早いもので、娘は今年5歳になりました。
バレンシアに来たのは1歳11ヶ月のころ・・・まる三年が経ったんですねー!!

そして、今年も誕生会をたくさんやりました(笑)。

まずは、夏に日本の祖父母と一緒にちょっと早い誕生会。
チョコレートにピンクや白のかわいい花のデコレーションがついたケーキでお祝い。

その次はバレンシアの日本人子ども会のお友達と一緒に、公園でピクニック・パーティ。
同じ月に誕生日を迎えたお友達と合同でやりました。
お友達のお母さん達が作ってくれた手作りのケーキで、賑やかにお祝いしてもらいました。

3回目は夫の実家で、こちらの祖父母&叔父と一緒にパエリア・ランチでお祝い。
プレゼントに、キティのリュックやながぐつ、おもちゃなどをもらって上機嫌でした。

4回目は家族だけでランチ・パーティ。
娘の大好きなお寿司もあるアジアン・レストランで、家族三人たらふく食べました。
私たちからのプレゼントは、補助輪付きの自転車。
前から欲しいと言っていたので、かなり喜びました。

5回目はコレヒオのクラスメートを誘って、近所のパーティ会場にて。
これは、娘がずっと希望していたパーティ会場でやりました。
こちらではポピュラーな施設なんですが、遊具が設置されたプレイルームで行うパーティで、スタッフの人たちがパーティの進行から子どもの監視まで全てやってくれて便利。
付き添いの親たちは、ゆっくりおしゃべりを楽しみ、子どもたちは大はしゃぎで、とっても賑やかでした。
お友達からたくさんのプレゼントをもらい、娘は興奮状態でした。

・・・とまあ、5回やりました。

娘が大きくなるにつれて社会との関わりも広くなるので、どうしても誕生会の数が増えてしまうのですね。
最初の頃は、こんなにちやほやするのはどうか・・・と思っていたのですが、年に一回だけ主人公になるっていうのは、小さい子どもにとってとても大きな出来事、大事な思い出。
そう思って、最近はそれぞれの誕生会を、最大限楽しめるようにしてあげることにしています。

いただくプレゼントの数には、いまだ疑問が残るものの、小さい頃にたくさんの楽しい思い出があるっていうのも、いいんじゃないかなーと思います。


Appendix

Twitter

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Extra

プロフィール

KIKA

Author:KIKA
2005年生まれの娘と東京からスペインに移住して、日本語、スペイン語、バレンシア語、(英語)に挑戦。のんびり楽しく、でも確実に、を目標にがんばっています。

MESSAGE

ブログランキング参加中!クリック応援お願いします↓↓↓
FC2 Blog Ranking

最近の記事

FC2カウンター

お気に入り