Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラスメートの誕生会

今日はクラスメートの誕生会に招待されて行って来ました。

昔はこちらでも各家庭に招待して誕生会をやるのが一般的だったようですが、最近はお天気の良い季節は公園などを利用したり、子供向けのイベントスペースを利用する家庭も多く、今回も典型的なイベントスペースで行われました。
招待された時間は夕方5時~8時。こちらでは一般的な「午後」の遊び時間なんです。

イベントスペースはたいていどこでも、遊び場と子どものテーブル、大人のテーブルのスペースに分かれています。
中に入ってしばらくは、子ども達は遊び場で思いっきり遊び、親達は世間話。
子どもたちには数人の監視員がついているので、親ものんびりできます。
ということで、子ども達は監視員さんに半ば任せて、「今のコレヒオを卒業したらどこの学校に行くか」「今の担任の先生をどう思うか」といった最も興味深い話で盛り上がりました。

cumpleamiga1
大きなプレイハウス。
ボールプールや滑り台なども付いていて、みんなおおはしゃぎ。

cumpleamiga4
絵本を読んだり、塗り絵を楽しんだりする机もありました。


ひとしきり遊んだら、子ども達はおやつの時間になります。

cumpleamiga2

cumpleamiga3

お誕生日の子は、特別席が用意されていて、上座に座ります。
今回のおやつには、ハムとチーズのサンドイッチと、チョコバー、スナック菓子とジュースが用意されていました。
食べ終わるとまたお遊びタイム。

そしてそのあと、また席に戻ってプレゼント・タイム。
1人ずつ順番にお誕生席までプレゼントを持って行って、誕生日の子にキスをしてからプレゼントを渡します。
もらったらすぐその場で開けるのが習慣。

我々は言葉を覚えられるパズルをプレゼントしたのですが、他の子たちからは、お人形、ぬいぐるみ、ままごとセット、絵本、ドミノ、お子様メイクアップセットなどなど・・・山のようなプレゼントでした。
これを見ちゃったら、絶対「私もやって」って事になるよなあ・・・。
と、ちょっと冷や汗の場面でもありました。

そのあと、お待ちかねのケーキ!

cumpleamiga5

こちらでは、長方形の平たいケーキにデコレーションしたものもバースデーケーキとしては一般的です。
今回のも、長方形で平らなチョコレートスポンジに、ラズベリーのジャムがはさんであり、チョコクリームでコーティング。
そして青い海と緑の草地を表現するためにスプレー菓子が使われ、その上にプラスチックのお姫様とやしの木、ろうそくがデコレーションされていました。

ハッピーバースデーの歌を歌ってろうそくを消すのは日本とおなじ。
そのあとみんなでケーキを食べました。

子ども達は大汗をかきながら遊びまわり、最後は家に帰りたくないと全員ダダをこねて解散!
楽しい1日でした。


バレンシア子ども会 会員募集はこちら!


スポンサーサイト

バレンシア子ども会 会員募集

うちの娘も参加している、バレンシア在住日本人子ども会からのお知らせです!

2009年10月から日本語を通した遊びや学びのクラス活動を始めたのですが、もっとたくさんのお子さんに参加してもらえたらと考えています。
興味のある方は是非メルアドを添えてコメントください!
コメントは非公開にしていただいて結構です。

現在募集しているのは、0歳~小学校入学前のお子さんです。
ご両親またはいずれかが、日本語を母国語としている方のお子さんであること、日本語ネイティブの親が交代制でクラスの先生役をやっていただけることなどが条件です。

月に2回、基本的に第二、第四土曜日の午前11時から12時半まで、セントロで活動を行っています。

詳しくはお問い合わせいただいたときにご説明します。

勝手に決めました!

今週に入ったあたりから、やっと暖かくなり始めました。
バレンシアの3月は風雨の季節なのですが、雨が降っても風が吹いても、今までのように寒くないのが救い・・・。

昨日、娘をコレヒオにお迎えに行ったときのこと。
教室から出てくるなり娘は、
「今日はねー、私はこれから、サンゴちゃんと同じ英語教室に行くの。」
と言いました。

サンゴちゃんはつい最近、コレヒオのお昼休みにある課外授業の英語クラスをやめて、今週から新しい私立の英語教室に通い始めたのです。

うちの娘もコレヒオの英語クラスに行っているのですが、以前からどうも気に入っていない様子でした。
今回、仲良しのサンゴちゃんが抜けてしまったので、どうやら一緒に新しいところに行きたくなったのでしょう。

私が、
「サンゴちゃんの英語教室は申し込んでいないから行けないのよ。天ちゃんはコレヒオの英語クラスに行くんだよ。」
と言ったところ、

「ああ、それね、もう行かないからって先生に言っておいたから大丈夫!」
と勝手な行動をとっていることが判明!!

「先生はなんて言ったの?」
って聞いたら、

「バーレ!(オーケー!)って言ったよ。」
だとか・・・。

以前ならこういう場合、私に「もうやめたい」と言ってきたのに、いつの間に知恵がついたのか・・・。

義母が以前教えてくれた話で、うちの旦那が小さいときに、勝手に「ぼくの誕生会をやるから今日うちに集まって」とクラスの友達を招待してしまい、いきなり家に子ども達が押し寄せたことがあった・・・というのをふっと思い出しました。

子どもながらに自分の判断というのが芽生えてくる時期なんでしょうかね。
今後がちょっと怖い気がしてしまいます。

カルナバル2010年

1月最後の週と2月の最初の週は、コレヒオでカルナバル行事が行われました。
カルナバルは、キリスト教の四旬節(苦行期間)に入る前の「楽しいことをする」期間ということで、現在のスペインでは仮装をしてお祭り騒ぎをするのが主流のようです。

今年のコレヒオのテーマは、「世界の踊り」でした。
最初の週は、インディアンの格好になったり、動物のお面をつけたり。次の週は「赤いものを着用していく日」、「頭になにか着用する日」という具合に、日替わりで企画がありました。

最終の金曜日は、全校生徒とその父兄が集まって、仮装行列とダンス大会がありました。

娘のクラスを含む幼児のクラス(3~5歳クラス)は、アメリカ西部のカウボーイがテーマ。
ということで、たんすの中を引っ張り出して、色々工夫した結果がこれ。

carnaval101

ちゃんとパーティグッズやさんで、フルセットを買う人もいるのですが、たった一日限りなのでうちは帽子だけ買いました。
普通の前開きベストがあったので、私の古いTシャツを切ってフリンジを作って着けました。
なんとなーく、西部・・・(汗)。
でも、本人が気に入ってくれたのでよかったです。ホッ。

2学年ずつ、校庭でダンスを披露してくれました。

carnaval102
この子たちが踊ったのは、なんと炭坑節。
やっぱり、こういう格好になっちゃうのね・・・。

娘達はポルカ。

carnaval103

carnaval104

みんなダンスより、見に来た家族に気を取られて、踊っているっていうより、引っ張られて動いてる感じ(笑)。
でも、とっても楽しそうでした。

うちの娘は、2人ペアになって踊るときに組んだ、ジョージくんがお気に入り。
「もう、結婚したの。私たち恋人だから。」
って、言ってます。

「どうやって結婚したの?」
って、聞いてみましたが、
「・・・・?」

多分、結婚の意味がよく分かっていないようです(笑)。



一番になりたい理由

今年の冬は本当にお天気が悪く、寒くてゆううつ。
でも、2月に入ってからは晴れの日もときどきあって、なんとなく春に近づいている気配を感じるようになりました。

娘はお天気の良い日はいつもの公園に行って、いつものお友達と遊んでいます。
このブログに何回か登場しているサンゴちゃんも一緒です。
この2人は一時期ケンカばかりしていたのですが、最近は穏やかに過ごせるようになってきました。

しかしながら、まだ全くケンカをしないわけではありません。
2人がどうしても譲れないのが「自分が一番にやる」ということ。

先日も、滑り台の取り合いになりました。
お互いに「私が一番にすべる!」と言って押し問答。そのうち押し合いになってケンカ。
サンゴちゃんは怒って「もう天ちゃんとは遊ばない!」と言ってから、ちょっと離れたところに座り込んで腕組み。
うちの娘は大声で「うええええーんっ!」と泣き出しました。

やれやれと思いながら娘に近づき、「なんでそんなに一番がいいの?」と聞いてみたら、
「だって、だって、コレヒオで・・・ずーっとみんなが一番で・・・天ちゃんは、ずーっとずーっと待ってるのに一番になれないんだもんっ!」
と、泣きじゃくって言うのです。

サンゴちゃんとうちの娘はクラスで遅生まれ組なので、いつも早生まれ組の子供たちに先を越されちゃうんですね。
だから我慢の反動で、公園に来ると2人は一番争いになる。
サンゴちゃんの付き添いをしていたおじいちゃんと私は、「なるほどねえー。だから一番が良かったのか。」と苦笑いです。

スペインでは西暦の1月から12月までで学年を区切っているので、例えばうちの娘の学年は2005年1月~12月生まれの子供たちが該当します。
9月末に生まれたうちの娘や12月に生まれたサンゴちゃんは一番小さいグループなのです。

早生まれの女の子たちは特に成長が著しく、その差は歴然。
体格も言動もまるで違い、うちの娘は他の大きな女の子たちに面倒を見てもらっているような感じなんです。
自分より大きくて色んな事を教えてくれる「お姉さんたち」を慕いつつも、同時に我慢しなければならない状況を抱えているのですね。

その自分が置かれた環境の中で、自分なりの居場所を見つけることができればいいのだけれど、と思いながらそっと見守っています。

4歳4ヶ月のお絵かき

ずっとサボっていたお絵かきの記録です。
4歳になってから、かなり細部を細かく描けるようになりました。
塗り絵も上手になり、あまりはみ出さなくなったのと、色の使い方を工夫するようになりました。

chachan
これは1月の作品。日本にいる「ちゃーちゃん」(祖母)を描いたもの。かなり若返ってます(笑)。

oekaki10021

oekaki10022

これらはここ数日の作品。ボールペンに凝っていて、あまり色をつけません。いつも決まって紙の上と下に、色んな物を描いています。

何が描いてあるかというと・・・

oekaki10026
お日様、ちょうちょう、小鳥。

oekaki10025
その隣には雲とヘリコプター。
oekaki10023
その下は、お姫様、王子様、ネコちゃん。
oekaki10024
その横には、お城と、みみずと、エサを食べている小鳥。

もうひとつの絵は・・・

oekaki10027
ヤギと女の子。
oekaki10028
男の子とヤギとお家。

色の塗り方、配色なども、だんだん芸が細かくなってきました。
空を薄く水色で染めてます。
oekaki10029

子供の絵って、夢があって楽しいですね。
私はうちの子に限らず、子供の絵が大好きです。

Appendix

Twitter

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Extra

プロフィール

KIKA

Author:KIKA
2005年生まれの娘と東京からスペインに移住して、日本語、スペイン語、バレンシア語、(英語)に挑戦。のんびり楽しく、でも確実に、を目標にがんばっています。

MESSAGE

ブログランキング参加中!クリック応援お願いします↓↓↓
FC2 Blog Ranking

最近の記事

FC2カウンター

お気に入り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。