Entries

牛乳パックのカメラ

kousakucamara1

いつも夫が飲んでいる牛乳のパックなんですが、日本ではあまり見かけない、断面が長方形の縦長です。
これと、キッチンペーパーの芯を使って、カメラを作る事にしました。
写真には牛乳パックが2個写っていますが、結局1個でできました。


まず、牛乳パックを均等に縦半分に切って、それぞれの真ん中に、キッチンペーパーの芯を通す丸い穴をあけました。
そのあと、2つの牛乳パックを重ねて、適当な長さに切ったキッチンペーパーの芯を通せば出来上がりです。

gyunyupackcamara1

これは前面。
キッチンペーパーの飛び出した部分には、台所用アルミテープを巻き、上の方にフラッシュの絵を描いて貼り付けました。
キッチンペーパーを牛乳パックに通す時、木工用ボンドを薄く塗ってから通しました。
あと、シャッターボタン代わりのフタも木工用ボンドでくっつけてしまいました。


gyunyupackcamara2

これは背面。
キッチンペーパーの芯を飛び出させるか、フラットにするか迷ったんですが、少し飛び出ていたほうが覗きやすいかと思ったので、1cmくらい出して、こちらもアルミテープを巻きました。


そして、使用例。
↓↓↓
gyunyupackcamara3

覗くとよく見えるので、気に入った様子。
なかなか楽しそうです。

手作りは好きでよくチャレンジするんですが、失敗も多いんです。
でも、今回はまあまあ上手くいきました。
カンタンなので、もしこういう形のパックが手に入ったら作ってみてはいかがでしょう?


ブログランキング参加中です。クリック応援よろしくお願いします!!
↓↓↓
FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト

大家さんの娘さん&うちの娘

マンションの大家さんの娘さん、と言ってももう50代くらいの女性なんですが、とっても気さくな子供好きの人で、本業は小児精神科の女医さんです。
なので、子供の扱いはお手のもの。
初めて会ったその日から、うちの娘もすっかり仲良しになりました。

大家さん宅に用事があって、娘と一緒に伺ったとき、その娘さんが飼っている超美形なネコ「スーペル」を紹介してもらいました。
うちの娘、動物が大大大好きなので、私が娘さんと話をしている間中、そのスーペルの後を追い回していました。

スーペルが廊下に出れば、娘も廊下に出て、イスに座れば娘もイスに、テーブルに登れば娘もテーブルに登ろうとする・・・という具合で、彼らの動きが気になって、娘さんとの話もろくに出来ない状態。

娘のあまりのしつこさに、スーペルも最後はイライラし始め、片手で引掻くまねをして威嚇。
なのに、うちの娘は、

 「ウヒャヒャヒャッ!スーペルすごおーい!」

って、あなた、いつか痛い目会うわよ。

そして、そんな娘を気に入ってくれている娘さん、その息子さんが昔使っていたおもちゃをくれました。

oyasannoomocha


ゴム製のキューブなんですが、動植物とその名前の頭文字がレリーフみたいになっていてステキです。
近くで見るとだいぶ痛んではいるんですが、色づかいもいいし、娘が飽きちゃってもインテリアに出来そうですね。
とても気に入りました。


ブログランキング参加中です。クリック応援よろしくお願いします!!
↓↓↓
FC2 Blog Ranking

絵本の情報源

みなさんは絵本をどうやって選んでますか?
我が家では、日本語の絵本は基本的に、幾つかの方法で購入しています。

まずは、最近見つけた方法なんですが、インターネットの絵本コミュニティサイトを利用する方法。
コミュニティに会員登録すると、膨大な数の絵本の基本データや、人気ランキング、その本を読んだ他の会員さんの感想、さらには、それを読んだ子供達の年齢や性別等のデータを見ることが出来るものもあります。絵本のカテゴリーや、絵本のタイトルなどで検索して、どんどん気になる絵本を調べる事ができちゃうんです。
自分の好みだけに偏らず、一般的な情報で絵本を選ぶことができて、とっても便利です。
そして、読み聞かせを記録する日記のスペースもあるので、いつ頃なにをどんな風に読んだのか、自分の記録を残す事もできる、とってもすぱらしいシステム。
って、気づくの遅すぎ?もう皆さんご存知なのかもしれませんね・・・。

コミュニティのサイトはいろいろあるみたいです。
とりあえず、ご参考までにリンクしておきますね。

「ミーテ」
http://mi-te.jp/

「絵本ナビ」
http://www.ehonnavi.net/

そして、もうひとつはあの「しまじろう」のベネッセでやっている「読み聞かせプラスコース」。
こちらは1年間、自動的に月1冊ずつ絵本が届くシステムです。
お話や挿絵のバリエーション、知育面など、充分に考えつくされたベネッセだったら、私が選ぶより的確じゃないかな、と思って申し込んでみました。
まだ第一回分しか貰ってませんが、さすがベネッセ、娘はかなーり気に入って、初日は連続10回くらい繰り返し読みました。
気持ちを込めやすい言葉づかいで読みやすいし、娘もストーリーまでは理解できなくても、ところどころに出てくる楽しいせりふは覚えて使ってます。
私のもくろみとしては、このシステムで届くいろんな種類の絵本で、娘の好みや興味を探り、今後の絵本選びをしたいのです。

それから、私自身ももちろん選んで購入しています。
主に自分が好きだった絵本&興味がある絵本。
これはほんと自分の感なので、当たりはずれが大きいんです。
私から見るとすごく楽しい絵本なのに、娘は全く反応しなかったりするとかなりガッカリなんですが、しばらく期間をおいて再チャレンジしたり、それでもダメなら私の絵本コレクションにしてます(涙)。

今のところこんな感じなんですが、他によいアイデアがあったら教えてくださいね。


ブログランキング参加中です。クリック応援よろしくお願いします!!
↓↓↓
FC2 Blog Ranking

赤ちゃん、受難・・・。

先日ご紹介した赤ちゃんの人形、買った当初よりも今のほうが興味が出てきたようで、娘は毎日公園に連れてったり、一緒にお風呂に入ったり、せっせとお世話しています。

赤ちゃんの服も自分でコーディネート。
この日の赤ちゃん、コーディネートのテーマは

「クマちゃん みたぁーい!」


kisekaeasobi


朝晩の寒暖の差が激しい、バレンシアならではの着こなしですね。


しかし、その愛しいはずの赤ちゃん、
今朝 起きてみたら・・・。


akachanrakugaki



大変な事になっていました。いつの間にか黒ボールペンの痛々しいキズが・・・。
酔っ払ってケンカでもしてきたのでしょうか。

いえ、犯人はほぼ間違いなく、「ヤツ」ですね。
あんなに可愛がってたクセに、ひどいことするもんです(怒)。

あ、ちなみに髪の毛はもともとないです。こちらの赤ちゃん人形には、髪の毛ないのが普通なんですよ。


洗剤をつけたティッシュで、赤ちゃんの顔を拭いていたら、「ヤツ」が寄ってきました。


ヤツ   ママー、何してるのー?


しらじらしい質問ですね。


母    ほら見て、赤ちゃんのお顔。痛い、痛いって言ってるよ。かわいそうだね。


「お前が犯人だろ?」って言いたい所ですが、目撃してないので我慢しました。


ヤツ   わあー。


犯人のクセに・・・。


母    あーあー、ほんっと可哀そう。痛かったよねー、赤ちゃん。


ヤツ   ママー、見て 見てー。


    痛いの  痛いの  

    とんでけーーーーーっ!




      ・・・・・さあ、散歩行こっ!


ったく、全然反省してません。


ブログランキング参加中です。クリック応援よろしくお願いします!!
↓↓↓
FC2 Blog Ranking

手をたたきましょう

うちの娘は歌を覚える時、まずは何度も何度も繰り返しお手本を聞いて、
少し分かってきたら、歌と一緒に小さい声で、念仏のように歌い始めます。
そして本格的に分かった時点で、お手本なしでアカペラで歌い始めます。
でも、アカペラでお手本と一緒に歌わないので、かなり自分流になってしまいます。

例えば、ここ数日で覚えた「手をたたきましょう」という歌を聞いてると、、、


娘 てーを  たーたーきー まーしょーう  


  トン トン トン、 トン トン トン


・・・パン パン パン、じゃないか?


  あーしーぶーみー  しーまーしょーう


  パン パン パン パン、 パン パン パン


・・・反対だよね?


  わーらいまーしょー


 プン プン プン!!


・・・・怒っちゃったんですか?


娘  ・・・・あーあー おーもーしーろーいー!


面白いのは あなたです。


ブログランキング参加中です。クリック応援よろしくお願いします!!↓↓↓
FC2 Blog Ranking

ごっこあそび<動物編>

言葉を教えていて、ちょっと迷う事が幾つかあるのですが、そのうちのひとつが「動物のなきごえ」。
日本とスペインでは微妙に違うんです。
例えば、牛は「モー」じゃなくて「ムー」、犬は「ワンワン」じゃなくて「ワウワウ」、猫は「ニャーオ」じゃなくて「ミャーウ(オ)」って具合です。
スペインで生活する以上、スペインに合わせて教えたほうが良いとは思うのですが、
スペイン風に発音すると、私自身がちょっと恥ずかしくなってしまう時もあり、
動物によっては日本風に教えているものもあります。

動物の鳴き声といえば、最近よく動物になりきる「ごっこ遊び」に付き合います。


娘  ママー、お馬さんやってー!



母  いいよ。

   ぼく、お馬さーん。ヒヒーン!




娘  はい、ニンジンだよ、

   
   ウサギさん。




母  ・・・・・

   ぼく、お馬さんだけど・・・。ヒヒーン!


   ニンジン、ありがとう。




娘  うん、よかったねー、


    ウサギさん!



どうしてこうなるんだか、とても不思議です(困)。


ブログランキング参加中です。クリック応援よろしくお願いします!!
↓↓↓
FC2 Blog Ranking

イカとタコ

たまに、娘の性格が言葉の学習の妨げになることがあります。

先日、海の中を泳いでいるイカの映像をテレビで見ていたとき、、、


娘  あっ、タコー!!


母  天ちゃん、これはイカっていうんだよ。


娘  ふうーん・・・


    タコ!!



母  こ、これはぁ、イカ。


理解してないみたいだったので、娘が好きな「~みたい」って表現を使ってみました。


母  イカは、「タコみたい」だけど、タコじゃないんだよ。


娘  へぇー・・・
  

    タコ!!



母  だからー、イカはイカなのっ!!


娘  イカは、タコーッ!!


とにかく、頑固です(涙)。

読み聞かせ絵本

私の友人がプレゼントしてくれた読み聞かせ絵本「3歳だもん おはなししましょ」がお気に入りです。
この本はシリーズで、0歳児用から3歳児用まであって、うちにあるのは3歳児用。
幾つかのお話と、絵合わせゲーム、歌などが掲載されています。
娘はまだ2歳半なので、じっくりとお話を聞いたりはできず、本のページをパラパラめくって遊んだり、
私が省略して読んであげた内容を、自分なりに真似してお話を作ったりして遊んでいます。

挿絵が明るくてかわいいので見ているだけでも楽しいし、幾つか入っているお話も、シンプルでとても分かりやすいものばかり。
また、こういう色んな要素の入った本は、自分の娘がどんな話が好きか、どういう事に興味を持っているかを知るきっかけにもなり、今後の絵本やおもちゃ選びに役に立ちそうです。




娘が本を読むと・・・。

(本の内容一部抜粋)
本   ある まちに、 としを とって はたらけなく なった ろば が いました。


娘   ろばさん、きましたー!!


本   むこうから げんきの ない いぬが、 とぼとぼと やってきました。


娘   いぬさん、きましたー!!


本   こんどは ねこが なきながら やってきました。


娘   ねこさん、きましたー!!


(省略)


本   こうして、ろばと いぬと ねこと にわとりは、ごちそうを いっぱい たべ・・・



娘   天ちゃんも おいしいの 食べたいよおー!


それはお話に出てません・・・。

赤ちゃんと一緒

うちの娘は一人っ子なので、家の中では1人で遊ぶ事が多くなってしまいます。
こちらに移住して間もなく、1人ではちょっと可哀そうだと思ったので、赤ちゃんのお人形を買ってあげました。
最初は私が赤ちゃんを手にとって、赤ちゃん役になっていましたが、最近は娘がひとりでも赤ちゃんと遊ぶようになりました。

その様子はこんな風です、、、。


娘  赤ちゃん、ひつじだよー。

   メエーーーーーーッ!

   はい、やってー。


赤  ・・・・・・。


娘  ちがーーーーう。

   メエーーーーーーッ! はいっ!


赤  ・・・・・・。


娘  はい、じゃあ一緒に。

   メエーーーーーーッ!


赤  ・・・・・・。


娘  (赤ちゃんの耳元で) ○×▲□×●!!

   はいっ!

   メエーーーーーーッ!

   そーそー。じょうずねー。


・・・・脅しでしょうか。


akachan

被害者の「赤ちゃん」さん。
我が家に来て5ヶ月。
バレンシア市内のおもちゃやさん「imaginarium」で購入しました。

胎内の記憶

小さい子供が、胎児の時の記憶を話すっていうの、聞いたことありますよね?

先日バレンシアのお友達から、

「天ちゃんはもう上手に話せるから、聞いてみたらどう?」

って言われて、なんかうきうきしちゃいました。


やっぱり母親としては、

「お水の中でねんねしてたー」とか

「ぐるぐるして出てきたのー」

なーんてすごい話じゃなくってもいいから、
何か覚えてないかなあ、と期待するものです。

なので、早速聞いてみたんですよ、
お風呂上りのお話の時間に。

普段は絵本読んだり、一日の出来事を話したりするんですけど、
その日は、、、

母 天ちゃんは、赤ちゃんの時、何してたのかなー?


娘 ・・・・・?


あー、質問の仕方が悪かったか。分かってなさそう。


母 天ちゃんはママのお腹の中にいたんだよー。覚えてる?


娘 おぼってるー!!


おおーっ!よしよし。


母 じゃあさ、ママのお腹の中で何してたの?


娘 えっとはー・・・。


おっ、腕組みしちゃってるよ。思い出してんのか。


娘 えっとはー・・・


 
パオーン!!


あー、そうきちゃったかー。

やっぱりまだ早い質問だったみたいです。

ベビーサイン

娘が生まれる前に、多言語教育だと発語が遅れがちになると聞いていたので、
ベビーサインを使って、言葉を発せないストレスを解消してあげようと考えました。

ベビーサインの本を一冊買ってきて、
夫と二人でサインの練習をし、覚えたものから娘に使うようにしました。

だっこ、もっと、ミルク、ねんね、など、よく使いそうなものを選んで、
徐々に教えていったのですが、
教えている途中で色々と問題が発生しました。

その1. 夫がサインを覚えてくれない。

非協力的っていうより、仕事が朝早くから夜遅くまでで、覚える時間がなく、覚えてもすぐ忘れてました。


その2. 最初はスペイン語で話しかけていた夫が、日本語で話しかけるようになってしまった。

娘が日本語にしか反応しなくなっていたので、ついつい日本語にシフト。
多言語教育じゃなくなりました。


その3. 娘がサインにまったく興味を示さない。

長い期間(約1年半)サイン付きで話しかけても、彼女からサインを出す事はあまりありませんでした。


その4. 私がくじけた。


以上のような状況で、結局あまり効果なく終わってしまいました。

もし多言語教育を続けていて、娘が言葉のストレスを感じていたら、
もっとサインを覚えてくれたんじゃないかと思います。
それと、家族の協力もかなり必要。

1歳半を過ぎた頃から言葉ができるようになってしまったので、
サインを教えるのをやめてしまいました。

私のヤヤ

私達の住んでいるバレンシアでは、孫が自分の祖父母を、ヤヨ(=おじいさん)、ヤヤ(=おばあさん)と呼ぶ事があります。
公園などにいると、よく耳にする言葉です。

我が家でも夫の両親をヤヨ&ヤヤと呼ばせてるんですが、
ある日公園で、、、

他の子供が 「ヤヤー!!」
と言って自分のおばあちゃんのほうを見ていると、

すかさずうちの娘が「ヤヤー!!」と真似・・・


かと思ったら、そのまま走ってそのおばあちゃんに抱きついた。
おばあちゃん、迷惑そうに苦笑い。


うちの娘は つまり、

ヤヤ=自分のおばあちゃん

ではなく、

ヤヤ=全て私のおばあちゃん・・・?


なんて身勝手な解釈でしょうか。

先が思いやられるな、と思っていたら
今日の公園で、、、

他の子供が「パパー!」
と言って自分のパパを呼んだら、

またもや うちの娘が「パパー!!」
と その子達のパパを呼んでいた、、、。


パパ=全て私のおとうさん?


有り得ません。

普段「パパ」って呼ばれてるうちの夫の存在は、なんなのでしょうかね。

  

信号

色が分かるようになってきたので、信号を教えてみました。
こちらでは、日本の青信号は、ベルデ(緑)というので、日本語で教える時も統一して「みどり」と教える事にしました。

母 信号が「あか」のときは、くるま、「みどり」のときは天ちゃん(娘:仮称)が渡るんだよ。


天 はあーい!



よしよし、わかったのね。


天 「あか」はー、


うん、うん、「あか」は?


天 「みどりー!!!」


・・・・

そうですか。

一気に覚えてもらうのは無理なようです。

やぎさん ゆうびん

日本語を覚えさせるために、よく一緒に歌をうたいます。
最近娘が気に入っているのが、童謡の「やぎさん ゆうびん」。

シドリーやん から おてみー ちゅういた
*しろやぎさん から おてがみ ついた

シドリさん、関西系でしょうか。

クドリーやん たら よみずに たべた
*くろやぎさん たら よまずに たべた

同郷人なんですね、クドリさん。

しかたー ないかー おへんじ かーいた
*しかたが ないから おへんじ かーいた


おっ、イイ感じ。その調子、その調子。

しゃっきの てみえーの ごよーじ なーに
*さっきの てがみの ごようじ なあに

借金のてめーの用事、ですか?
...コワイ人なんですね、クドリさん。

全て女性です、、、。

スペイン語の名詞は、全て女性名詞と男性名詞に分かれていて、
性によって付ける冠詞が違います。

最近、冠詞が付くという事を覚えた娘、
なんにでも冠詞を付けようとします。
ただ、問題は女性不定冠詞「una」しか知らないという事。

「Una pelota!」 (ボール)

これは正しい。

「Una arbol!」 (木)

これは男性名詞だから、本当は「Un arbol」

「Una 赤ちゃん!」

うーん、赤ちゃんが女の子なら、正しい、、、。

「Una パパ!」

パパは男でしょー(汗)

間違いはやんわりと訂正するようにしていますが、
あんまり正してばかりいると、やる気をなくすっていう説もあるので、
楽しそうにしているときは、間違っていても放っておいてます。

多言語の耳をつくる

娘が生まれる前から、多言語教育の為に用意したものがいくつかあります。
その1つがベイビー・アインシュタインの「せかいのことば」というDVD。
妊娠中にネットで多言語教育について調べてみたら、小さいうちから色んな言語の音を耳に入れておくと良いという事が分かりました。
それで早速、色んな言語が入っている先述のDVDを購入したのです。
このDVDは、音声だけでなく映像もよく出来ていて、うちの娘も評判どおり釘付けで見てました。


そしてもう1つは、スペイン語の歌のCD。
日本に住んでいたので、なかなかスペイン語に触れる機会を作れないだろうと思い、用意しました。
リビング・ランゲージの「ベイビーズ・ファーストステップ・イン・スパニッシュ」というものです。
幼児用の可愛らしい歌ばかりで、歌詞カードも付いているので正確に覚えられ、私自身も気に入りました。


スペイン語&バレンシア語の週末

土曜日から月曜日まで、特急で2時間の夫の実家で過ごしました。
義父はバレンシア語しか話さず、義母はスペイン語しか話しませんので、いつも家の中は2つの言語が飛び交っています。
娘に話しかけるのも各々の言語で、今のところ娘は殆ど理解していませんが、以前のような拒絶反応はなくなりました。
特にスペイン語は徐々に覚えつつあるので、自分の分かる言葉があると、嬉しそうに自分でも言ってみたりしています。
バレンシア語も気に入った言葉があると義父の真似をしたりするようになりました。

こういう環境でも、私は基本的に日本語だけ使うようにしています。
今は日本語以外を覚えなければいけないのですが、将来を考えると私との会話は全て日本語のほうが良いし、私自身も彼女と日本語以外で話をしたいと思いません。
彼女が3つの言葉を操るようになるのは、まだまだ先のことではありますが、今既にその第一歩を踏み出しているのですね。

Appendix

Twitter

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Extra

プロフィール

KIKA

Author:KIKA
2005年生まれの娘と東京からスペインに移住して、日本語、スペイン語、バレンシア語、(英語)に挑戦。のんびり楽しく、でも確実に、を目標にがんばっています。

MESSAGE

ブログランキング参加中!クリック応援お願いします↓↓↓
FC2 Blog Ranking

最近の記事

FC2カウンター

お気に入り