Entries

筆記体の練習

コレヒオでは、3~4歳児クラスでアルファベットの大文字、4~5歳児クラスで小文字、そして今年の5~6歳児クラスでは筆記体の練習をしています。

日本では5~6歳児というと幼稚園の年中クラスなので、筆記体をやるのは早いんじゃないかと思うんですが、やればやっただけ覚える時期でもあり、楽しそうに練習してます。

sakubuntoe20110402
これは、クラスでの本の書き取り。

sakubuntoe20110401
各自で挿絵も考えて描きます。
たぶん、本の内容を理解し、文字を書き取り、想像力を働かせて描くという授業だったようです。
いろんな感覚を刺激するよい内容の授業だなあ、と思いました。


スポンサーサイト

アルファベットの練習

コレヒオでは、もうアルファベットと数字の書き方を教え始めました。
個人的には、そんなに早く教えなくても大丈夫なんじゃないかと思うのですが、娘は今、かなり興味を持っているようで、タイミングが合っているみたいです。

読み書きも大事だけど、本当は公園で思いっきり遊んだり、身体を動かすことをもっとやらせたいので、私は娘の興味のある範囲で学習補助をすればいいかな、と思ってます。

なので、今はアルファベットだけで充分。ひらがなはもう少し後にしようと考えてます。

alfabeto0903

家にあるミニ黒板の落書き。
左から「IEMDFE10AF3E262009」と書いてあります。
先生になったつもりで、『「I」は誰の名前かな?イサベルの「I」ですね?「I」は棒が一本でーす』『今日は何日かな?』などとスペイン語で言いながら、文字や数字を書いていました。
先生がコレヒオでどんな風に教えているかが分かって面白い。

家で教えるときも、同じ方法を使えば覚えやすいんじゃないかと思うので、ひらがなを教えるときも、先生の真似して「棒(縦線)が○本と線(横線)が○本、ぐるっと回して・・・」って方法で教えようかな、と考えてます。

文字が書きたい

mojigakakitai
mojigakakitai2


娘はこのごろ、ノートの端っこやお絵かき帳などに、写真のようなものを書くようになりました。
訊いてみると、私や夫へのお手紙だったり、自分や家族の名前だったりで、本人は文字を書いているつもりのようです。

よく見ると、罫線の中に文字を書こうとしていて、幾つもの文字が連なって一つの単語や文章になっているようです。
まだ、文字は何も教えてないのですが、見よう見まねで覚えていくのですねー。
今、学校では数字を習っているらしく、ごく簡単なものだったら見分けがつくようになったので、興味のある時に、数字の書き方から教えてあげようかなー、と思っています。

運筆の練習

夫が最近娘に、文字を書く準備練習として運筆を練習させるようになりました。
日本だとドリルや絵本形式のたくさんの運筆練習教材がありますが、こちらは日本に比べると種類も少なく、バリエーションもあまりありません。
こちらへ来て、やっぱり日本の教材ってすごいなあ、とつくづく思うようになりました。

我が家ではお絵かきの延長で、いくつかの運筆練習をしています。
まだ線を描くのがやっとの段階なので、楽しみながら目的をもって線を描く練習のみですが、飽きないように少し工夫しています。

unpitsu0608a
これは、夫が動物と食べ物の絵を描き、例えば「キリンさんにリンゴをあげよう!」などと娘に声をかけて、キリンとリンゴを線で結ぶ練習です。

unpitsu0608b
これは「+」どうしを結んで形を作る練習。左は夫の描いた手本。右が娘です。出来上がった形を言い当てるゲームにしています。

unpitsu0608c
これは少し上達した娘のもの。

こうしてゲーム感覚でやるのは娘も楽しいみたいです。


ブログランキング参加中です。クリック応援よろしくお願いします!!
↓↓↓
FC2 Blog Ranking


Appendix

Twitter

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Extra

プロフィール

KIKA

Author:KIKA
2005年生まれの娘と東京からスペインに移住して、日本語、スペイン語、バレンシア語、(英語)に挑戦。のんびり楽しく、でも確実に、を目標にがんばっています。

MESSAGE

ブログランキング参加中!クリック応援お願いします↓↓↓
FC2 Blog Ranking

最近の記事

FC2カウンター

お気に入り