Entries

夏の一時帰国2010

すっかりご無沙汰してしまいました。

6月下旬から7月いっぱいまで日本に一時帰国していたのですが、その間にパソコンが壊れ、新しく買い換えたの
はいいのですが、ブログのパスワードを忘れてしまって編集が出来なくなっておりました。

やっとパスワードを思い出し、また編集できるようになったので、ぼちぼちアップしていきます。

日本の一時帰国では、昨年同様、娘を週に3回保育園に通わせました。
昨年と同じ保育園なので、先生や一部のお友達は娘を覚えていてくれて、昨年より充実した保育園生活をおくることが出来た様子。

保育園に行かない日は、あっちこっちへ出かけて、いろんな体験をしてきました。

disneyland10
娘の念願、ディズニーランドへ。
実家のある茨城からだと、4歳児が電車で日帰りはハードかと思っていたのですが、ディズニーランドは別格だったようで、いつもの何倍も歩いてがんばってました(笑)。

dachoohkoku10
帰国のたびに行くダチョウ王国へも行きました。
バケツ一杯の動物のえさを買って、馬や牛、ロバ、アルパカ、ヤギ、モルモット、エミュ、うさぎ等にえさをあげました。もちろん、ダチョウにも。

kamakuranofuji
私のお友達がいる鎌倉にも行きました。
お友達のお宅で飼っている犬と仲良しになり、とっても楽しく過ごしました。
娘は日本での初の海水浴も体験。

natsumatsuri10
実家のある街の夏祭りにも参加。
この山車の綱を引いて、町内を歩きました。
小学生からは、太鼓や笛を練習すると山車に乗せてもらえますが、今回は神社での練習だけ参加。
「大きくなったら山車に乗る」と新たな夢ができました。

日本の夏はかなり蒸し暑かったのですが、他にも上野動物園や牛久大仏などにも出かけ、約40日間いろんな事を経験して、充実した一時帰国になりました。

kidsmeal10
これは、帰りの飛行機(エールフランス)でのキッズミール。
大人並みのボリューム・・・。

スポンサーサイト

野菜の研究発表と調理実習、そして世界のおやつパーティ

スペインでは6月が年度末で、6月下旬から9月中旬までが夏休みです。
そのためか、娘のコレヒオでも6月はなぜか色々な行事が目白押し。
特に今週はやらなければいけないことがたくさん重なって、バタバタしてしまいました。

まず、かなり手こずったのが「野菜の研究発表」という課題。
各児童にひとつずつ野菜の課題が振り分けられ、うちの娘は「たまねぎの研究」をして、その結果を発表しなければなりませんでした。
大きな色画用紙に、研究の成果を貼りつけ、それを説明するというもの。

これがうちの4歳児にはかなーりな負担でした・・・。

まず、たまねぎはどこから来たのか。たまねぎの特徴は?たまねぎが育つには何が必要?というポイントに絞り、その答えを調べ、絵や文字で描いて色画用紙に貼り、発表のシナリオを作って何度も予行練習をしました。

途中で何度もくじけたり、逃げたり、泣いたり・・・・・。
1週間ほどを費やしてやっと完了。

でも、出来上がったときには娘もスッキリした様子で、「写真を撮ってね」と嬉しそうに言っていました。

その成果がコレ。
yasainokenkyu

それから昨日は、デンマーク人のお母さんが中心になって、子ども達がクラスでパン作りに挑戦。
素朴な味の白パンが出来上がり、それぞれ家に持ち帰って食べました。

そして今日は、クラスで「世界のおやつパーティ」があり、我が家では「いなり寿司」を提供しました。
こちらに住む日本人のお友達から「カステラ」という案もいただいたのですが、うちの娘がどうしても「みんなにお寿司を食べてもらいたい」と言い張ったため、食べやすそうないなり寿司に落ち着きました。

inari
30人分のおいなりさん。

そして、先日バレンシアの日本人子ども会が参加した移民地区の文化祭で、新聞紙製のかぶとが余ったので、それも人数分プレゼントしました。

残念ながら父兄は参加できなかったので、いなり寿司の反応や、ほかの国のおやつを見ることはできませんでした。
コレヒオが終わってから担任の先生に聞いたところ、酢めしがダメな子どもが何人かいたとの事。
けれど、担任の先生はかなり気に入り、5個もたいらげた!と話していました。
次回は子ども達にも気に入ってもらえる日本食でリベンジしてみたいです!

娘のクラスでは、半数以上が外国人の親を持っています。
イタリア、フランス、デンマーク、パラグアイ、オーストラリア、モロッコ、アルゼンチン、ボリビア・・・etc。
なので、子ども同士の会話の中でも「○○って日本語でなんて言うの?」「○○っていう国はどこにあるの?」というような、ちょっとした国際交流をしてます。

こうして小さなうちから、たくさんの国があることを認識できるのは良いことだなあ、と思います。


バレンシア日本人子ども会メンバー募集はこちら

カベセラ公園

先週末は夫が仕事だったので、娘と2人で過ごすことに。
私達2人は平日ほぼ毎日、同じ公園で過ごしているので、週末はやっぱり違ったところに行きたくなります。
そこで今回は、メトロに乗って我が家からはちょっと離れた場所にある、カベセラ公園へ行きました。

夫がいないと、大きな荷物を抱えながら子どもの手を引くことになるので、お弁当や飲み物は大きいクーラーBOXに入れ、それをキャリーに乗せて持ちやすくしました。
疲れて抱っこをせがまれた時には、娘をクーラーBOXに座らせ、私はキャリーをベビーカーのように押して難をしのぎます。

そんなこんなでカベセラ公園に到着ー。

parquedecabecera1
ここはとても大きな公園で、アヒルやカモが放し飼いにされていてボートに乗ることもできる池や、大きな遊具、カフェテリアなどもある緑の多い場所。
のんびりするにはとても良い環境です。

parquedecabecera2
私達は着くなりお腹が空いたので、ひとまず木陰を探してお弁当を食べました。

parquedecabecera3
それから子ども用の遊具のあるところで思う存分娘を遊ばせました。

太陽が痛いくらいに照り付けていましたが、急に暗くなって雷が・・・!
でもでも、大丈夫。
そんなことだろうと思ってレインコートを持参したので、ほとんど濡れずに済みました。

バレンシアはこの時期雨が降りやすく、天気が不安定です。
でも、これを過ぎると本格的な夏に!
楽しみです。


バレンシア子ども会メンバー募集はこちら


放課後のアクティビティ

コレヒオの放課後にいつも行く公園の近くに、新しい託児所ができました。
こちらには学童という制度がないので、働く親達はコレヒオの父兄組織が提供する放課後教室に申し込むか、託児所を利用するか、ベビーシッターさんにお願いするか、何か習い事をさせるか・・・というのが放課後のオプションです。

いつも公園で一緒に遊んでいるクラスメートのお祖父ちゃんの提案で、同じクラスのお友だちと一緒に、新しい託児所の体験レッスンを受けてきました。

平日の午後4時45分から6時まで、毎日色んなアクティビティを用意してくれるようです。
歌、ダンス、楽器、工作、お絵かき、体操・・・などなど。

平日毎日やっていて、月30ユーロ。
現在のレートだと、だいたい3,800円くらいです。
バレンシアの相場でいうと、かなり破格!

というわけで、うちの娘も行くことにしました。
ただ毎日だと飽きるだろうし、公園で自由に遊ぶことも大事だと思うので、週に2~3日だけ。

この時期、子ども達はすでに仲間意識が強くなり、知らない子同士ではすぐ飽きてしまうので、クラスのお友だちと通えるのも良かったし、雨が降った時など公園に行けない時でも楽しく過ごせるから、かなり便利です。

まだこの託児所に来ていないクラスメートの親達も興味津々の様子なので、今後もお友だちが増えそう。
よかった、よかった。


バレンシアこども会メンバー募集はこちら




初めてのマスコット

我が家に初めてのマスコットがやってきました。
娘がパブロとアンヘラという名前をつけて、たいそう可愛がってます。

それが、これ。

katatsumuri

そう、カタツムリです。

外で見るカタツムリは、カラに閉じこもっている場合が多いのですが、
守られた環境のせいか、我が家の2匹はすごい元気に動き回ります。

毎日、レタスをシャリシャリ音を立てながらいっぱい食べて、
大きなうんちもたくさんします・・・。

基本的にお掃除は毎朝私と娘の共同作業。

タッパーに入れて、ラップで蓋をしてあるので、
娘は毎日そのタッパーをかかえておやつを食べたり、テレビを見たり、お絵かきしたり・・・。
パブロとアンヘラに話しかけながら過ごしています。

何かもっと住み心地のよさそうな家を見つけてあげたいのですが、
こちらでは虫かごはあまり見かけないので、
どうしようか思案中です。


バレンシア子ども会メンバー募集はこちら




Appendix

Twitter

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Extra

プロフィール

KIKA

Author:KIKA
2005年生まれの娘と東京からスペインに移住して、日本語、スペイン語、バレンシア語、(英語)に挑戦。のんびり楽しく、でも確実に、を目標にがんばっています。

MESSAGE

ブログランキング参加中!クリック応援お願いします↓↓↓
FC2 Blog Ranking

最近の記事

FC2カウンター

お気に入り